アフターコロナで発展していく業種を予知しました。

2020年
世界中が中国に対する経済的依存からの脱皮が始まり、 日本も中国からの需要が期待できなくなるため、今まで中国から恩恵を受けていた仕事は混乱状態に陥ります。

2021年コロナとの共存共栄がはじまり、クラスターが増えたりすることで部分的に自粛が始まり、世界的にも部分的にロックダウンが行われるようになると思います。

この中で生き残れる業種というのは『 3広 オンライン 風水 』に精通している業種となります。

ただしこの三つが揃っていればの話です。
オンラインを活用した 教室 お稽古 塾 ヨガ フィットネス 人生相談 占い スピリチュアルなどが考えられます。


茶道教室ならばその茶道教室の強みを活かす。


例えば茶道教室よし庵では社中で茶道のお稽古をはじめ、懐石料理や和菓子 着付け 英語よる茶道ができます。
また茶室が広いので、茶事では畳一畳に一人お客様が座られて行う方式をとっています。


今までは一畳に2~3人座っていたお稽古が見直される時代が来ました。
その反対に畳一畳に1人座ってのお稽古やお茶会、
8畳の茶室にすし詰めにしてお稽古は嫌われ、大広間の茶室で数人でゆったりと行なっていく優美なお稽古の時代になると思います。


実は私はそれを既に新型コロナ以前にそのような時代が来ることを予知をして準備をしていました。


茶道ではオンラインによるお稽古は不可能と思われて いましたが、コロナの半年前から海外の人とのお稽古をオンラインで既に始めていました。
だから私は世界初の オンライン茶道教室を開設したと思っています。


そしてその後試行錯誤により世界中から注目されるようになり、このノウハウというのは茶道だけではなく、全てのお稽古やお教室経営に活用できると思ってます。


オンラインではこちらの気持ちを相手に伝えることはできないと言われていますが、私はエキサイトでの電話占いを行っています。
対面しなくてもそれに匹敵するような感触を得ることができます。


つまり遠隔ヒーリングなのです。
この遠隔ヒーリングのような技術を覚えるということも、やはりこれからは必要になってきます。


私がオンラインを始めた時に主婦の多くは、オンラインアレルギーであることに気づきましたが、コロナによってオンラインがなくては生きていけない時代に入り、
女性を相手のお稽古でオンラインを活用することは非常にやりやすくなってきたのです。


私は『 3広 オンライン 風水 』を唱えています。
私の3広とは生徒さんの控え室が広くなくてはいけないということです。
そして茶室が広いこと、お庭からきれいな空気が茶室へ流れ込んでくることです。


風水はもともと邪気を払うスピリチュアルです。


その邪気とは今で言えばコロナです。
コロナが出現する場所は悪霊や邪気も出現しやすい場所になります。


そこで空気の清浄 清潔 消毒、これを徹底することが必要になってきます。


生きた花やなんてんからは 消毒効果やクリーン効果が期待できます。
だから死んだ花である造花は避けるべきだと思います。


各所で風水にはそのような細かな現在のこの環境を乗り越える知恵が書かれてます。
これを理解することで我々は活性化することができます。


世界で一番死亡率の少ないのは日本人であることからWHOは日本人の不思議な力を見直してます。
世界で一番健康的な食事は和食としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。
世界で素晴らしい食事と環境に恵まれたのは日本です。


これからは日本人が日本人に目覚め日本文化を築き上げていくことが必要な時代になってきました。





2020年06月08日