ファンになってくれます

もしあなたが治療院の先生で、肩凝りに悩んでいるお客さんに、一生懸命にマッサージや骨盤整体をしても、いずれ他の治療院へ行ってしまいます。
肩がこるということはその背景に家族の問題が潜んでいます。

肩こりのひどいお客さんが、先生に子供の自慢をしたら、お客さんは子供に悩んでいて、そのことが心にいつも引っかかり、その苦痛を分散させるために、肩を凝らしているのです。

先生がお客さんに「本当に素晴らしい、よくここまで頑張って育てましたね、お子さんはもう少しで自立しますから、これからは安心できますね。」など一番心配しているお客の気持ちを分かってあげると、お客さんは自信を取り戻し、その上で施術をしていくことで、ここの治療院のファンになります。

お客の30%以上がファン客でしたら、治療院に限らず、客商売は成功します。

30%の固定客をつかむ、 それには客層を絞ることが必要です。
そしてもう一つはお客は非日常的空間を求めています。
治療院 またはお店へ行った時、 生活感が漂っていたらば、お客の足は遠のきます。

ターゲットを絞り、そのターゲットが喜ぶ非日常的空間と、そこから感じ取れる夢を提供することが必要になります。

2019年08月10日