後輩から馬鹿にされないため

後輩から馬鹿にされないために有効なのは、圧倒的な実力差を見せつけることです。
圧倒的な実力差を見せつけることで、生意気な後輩からも馬鹿にされることはなくなります。

後輩はあとから組織に入ってきただけに、組織の中で軽く見られてしまいます。
厳しい組織では、下働きとして掃除、片付け、やりたくない仕事などやらされうんざりしています。

そしてこの下働きを快く思っておりません。「馬鹿らしい。」「馬鹿にしやがって。」そう思っているはずです。
実力のない後輩なら我慢しますが、実力があると、そのイライラを自分よりも実力のない先輩に向けて攻撃してきます。

だからタメ口を聞いたり、言うことを聞かなかったりして、「私の方が優れている」という態度で、後輩自身のイライラした気持ちを、しばし慰めてます。
ですのでそれを防ぐにはやはり、圧倒的な実力差、圧倒的な努力量、圧倒的な人気、圧倒的に明るく元気、圧倒的な資格を有する、そして圧倒的なオシャレと圧倒的な美しい所作のどれか一つが必要になります。

圧倒的な力を感じる人の背中からはものすごいオーラーを発しているため、後輩は馬鹿にすることができなくなってしまいます。

ネガティブな気持ちになった瞬間、後輩は其処ぞとばかり絡んでくるのです。

勤務年数が長い人の中には、出身大学を自慢したり、過去の栄光を自慢したりしますが、これもまた馬鹿にされる材料になってしまうのです。
馬鹿にしてくる後輩たちを静かにさせるためには、言葉よりも圧倒的なオーラーです!

言い訳をすればするほど舐めてきます!
そして貴女の潜在意識をすべて圧倒的に優れている私に書き換えましょう。

私(大海)は教授と言う圧倒的な資格を取りました(^^♪

得意な占術
霊視・未来予知・ハイヤーセルフ・守護霊様・前世

恋愛・復縁・不倫・結婚の相談
仕事・起業・人間関係・親子の問題
夫婦関係修復の相談

2020年03月01日